Welcome to my blog

ローコスト&リッチライフ日記

ローコストなのに良質で豊かな生活。私流ミニマリストライフへ至る記録です。オトクなポイントサイト情報も満載

 捨て日記⑧ とりあえず、現状の書棚をすべて記録!

昨日から再々スタートいたしました、我が家のいらないもの処分。
...いや、ローコスト&リッチライフへ向かうための、ミニマリストライフへの道行き(←やや意味不明)です。

ってことで、選択と集中。
つまり我が家でいちばん何とかしたいとこはどこかと考えた。

言わずもがな、書棚ですかね。

クローゼットや靴箱。
キッチン収納とか洗面所収納。
アイテムとしては文房具なんかもなんとかしたいんですが、それって全部じゃんっ!
ってことで、かたずけのメインは書棚回りと決めて、あとは、気づいたときに少しずつってことにした。

ってことで、昨日の再々片付けスタートも本の処分だったしね。

書棚の写真を撮って、その後の片付けによる変化を把握する

もうこうなったら、汚い部分も公開しちゃって、退路を断とうという魂胆。

狭い我が家ってのに、本を格納している場所は以下の4か所。
まったくそうとうに場所をとっていることをこうして、やっと認識する次第です。

1.無印良品の棚にごっそり。

本のありか220160628

10年以上前に、展示品ゆえに超安売りをしていたので購入したもの。
しかし、使ってみれば、書棚とするにはかなり不向きで、収納したら最後、本が探しにくい。以前は、スチールの書棚が2竿あったんですが、そっちのほうが使いやすかったかも後悔しつつ長々と放置。

いや、ウソ!
本の処分は2014年にこの記事を書いた時からの懸案事項。
しかし、この書棚のかたずけはまったく進捗してない気がする。
ここの本をあらかた片付けられたら、このシェルフは分解して、直角に曲がった部分を処分、残りをキッチンの棚にする予定。

2.無印良品のシェルフの向かいには、スチールの書棚。

無印のシェルフを購入する前は、このスチール棚4本にぎっしり本を持っていた。

書棚2 20160623

シェルフに2本分移動し、もう1本はなんとか本自体を処分し粗大ごみへ。
しかし、どうしてもここにある分だけは処分しきれず今に至っております。

3.アンテークの扉付き棚もいつの間にか書棚と化す。

このアパートに引っ越した記念に買ったアンティークの棚。
もっと優雅に何かを飾って楽しもうとしてたんですが...。

本のありか20160628

まあ、書棚に成り下がってますね。
あとは、日記とか手帳とか、使ってない辞書なんかもスペースを取っています。
ここの本も整理して、好きな小物(神社の縁起物や民芸品など)を飾るコーナーにするのが目標。

4.廊下の物入れもいつしか雑誌収納コーナーに。

ここの物入れは、書棚にするには、奥行きがある。
実は、全部雑誌と本が詰まってるか?と思っていましたが...。
雑誌20160623
上2段は段ボールがあるだけだった((´▽`) ホッ。

いや、ホッとしてる場合じゃないっ!
雑誌は、本のように引き取ってくれる業者を知らない...。
しかし、探せばあるだろうので、ここも大胆になんとかしたくっ!

ってことで、さて私は何冊本をもっているんだか、シゴトや趣味で購入しがちだったりもするし、本の処分はやっぱ最難関だなぁ...とほほ。
しかし本を征すれば、ミニマリストの道はかなり現実的になる。

2016年6月2日の成果は、

廊下の物入れから、とりあえずバラの雑誌を23冊

雑誌を処分20160603

加えて、古いガイドブックとか教科書(山川出版の『日本史用語集』! 以前は歴史小説読むとき使いましたが、今はネットで調べちゃうのでいいか...と。)を5冊
雑誌とガイドブック処分20160607
全部、資源ごみとして捨ててしまいます。

1553個+10個(本日分)-本日の処分28個残1535個

...ああ、借金減らず(笑)。
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment