Welcome to my blog

ローコスト&リッチライフ日記

ローコストなのに良質で豊かな生活。私流ミニマリストライフへ至る記録です。オトクなポイントサイト情報も満載

 捨て日記⑮ やっと本の処分に舞い戻る

片付けも選択と集中だ!
とか息巻いて、とにかく本や雑誌から処分しようと思ったのもつかのま。
この日、現状把握したとたん、そのハードルの高さに、気持ちが萎えた(笑)。

しかし、今日もいつものネット古書店「ネットオフ」からクーポンメールが...。

今月中に送れば、査定額+500円かぁ...。

えいっ!と処分する30冊を選びました。

ネットオフの古書買取は、30冊以上なら送料無料。

時々、10冊から送料無料キャンペーンもやってますが、宅配業者の引き取りを待つとか段ボール箱に詰める手間とかを考えると、一度に30冊は最低送ってしまいたいと思う。

ってことで、わが書棚から抜き出しました!30冊!!

本の処分20160703

もう新しめの本も数少なくなってきたんで(古いのは大量にあります)、今回はやや古めできれいな本を探し出しました。
これを送ると、ここ半年ぐらいで購入して読了し、再読の際は図書館から借りればいいやと思える本(ビジネス書とか小説なんか)は、ほとんど処分した感じになります。

あとは、小金持ちの会社員時代に、書店へふらっと入っては、一度に5冊!とかまとめ買いしたまま、積読状態の本だったのが残されました。

ここ数年の本に関するルールは...。
すぐ読み始めたい本なら買う
⇒実際、すぐ読む
⇒気になる部分は書き出したり、ブログにレビューしたりして最大限に読み切る
⇒新しいうちに処分。
を地道に守ってきた。

ってことで、あとに残されてるのは、新陳代謝の難しい古い脂肪...じゃなくて古い本と雑誌。

うーむ、これってネットオフ頼みじゃもう無理かも?
とりあえず、本の捨て方をいろいろ追求する必要大ありです。


↓とはいえ、汚れてない本はネットオフで処分がベストと思います。出版されたばかりならなおよし。




というのも、ここの常連になれば、しょっちゅう、査定額+500円クーポンメールが送られてくるのでこれは大きい。
ほかに、ポイントサイト経由でポイント還元を狙うのも可能。
つまり、純粋な古本を売ったお金以外に、数百円分のプラスアルファが付いてお得になります。


後日:査定金額は、150円+クーポン500円=650円に!
ああ、やっぱきれいな本でも古いのはあまり高く売れませんね。それでもクーポンのおかげでトクシタ気分です。
古本処分の累計も書いておこう!
2月/30冊950円、3月/31冊741円、6月/30冊1600円+30冊650円=121冊3941円

おおっ!不要な本が、小銭に変わってゆく!(←器が小さい、私)

6月10日の成果

古本を30冊処分。

昨日までの残1432個+10個(本日分)-本日の処分30個=残1412個。

ああ、やっぱり先は長い。
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment