Welcome to my blog

ローコスト&リッチライフ日記

ローコストなのに良質で豊かな生活。私流ミニマリストライフへ至る記録です。オトクなポイントサイト情報も満載

 捨て日記㉔ ライフタイル系雑誌の処分!

えーっと、ずいぶん間が空いてしまいました。

というのも、不要な雑誌を取りそろえ、中身もきちんと点検。
(以前、雑誌に商品券が挟まってたことがあって、それ以来、中身見ないと処分できません。私は、どうも本や雑誌に何かを挟む癖がある...)

いざ処分!

雑誌を処分20160807

で、勢い込んで、雑誌を買ってくれそうな古書店(いつものネットオフは雑誌は買ってくれないもんで)とリサーチした中で、いちばんよさそうと思った「セシルライブラリ⇒http://www.cecile-library.jp/」へメールで問い合わせ。

しかし、私が処分したい雑誌に関しては、バックナンバーがそろっている場合のみしか引き取れないとの返事。

が~ん。

雑誌は特に吟味してから買うんで、バックナンバーが全部そろってるのって稀なんだよねぇ...私の場合。
(その稀な 旧「ku:nel」と大橋あゆみさんの「Arne」は、どちらもまだ手放す気にはなっていないし...)

で、いきなりやる気をなくした。
もう雑誌なんか全部このまま資源ごみの日に捨てちゃおうか?

いやいや、ここまできれいに整理したんだし、悶々、悶々...。
そして、なんとその段ボールの大箱のままひと月以上放置してしまいました。

もう片付けてんだか、汚してるんだかわからない。
いかぁん。

買ってくれる古書店ありましたっ!

ひと月を軽く経過してもう8月!
暑さは増すし、そろそろ部屋の片隅にある段ボールを見るたびストレス倍増!
違う古書店にも一応聞いてみようと思い直し、再トライっ!

・「街のふるほんや 本のある暮らし」⇒http://furuhonya.blogspot.jp/があっさり引き取ってくださると!

で送りましたっ!
雑誌等を処分20160810

かなり大きな段ボールひと箱。

視界からこれが消えてすっきりしたのに加え、あの雑誌はどうしようと気にする日々もなくなったぁ!
不要なものを持ち続けるって、「気にするストレス」ってのも大きいです。

今日は、すっきりっ!
といっても、まだまだ片付け途上、捨て途上なんで、瞬間風速的なすっきりではありますが...。


3日後に、査定額が600円と返信が来た。
もうただでももらっていただけるならありがたしですっ!
自分にとっては不用品ですので、それを古書店に引き取ってもらうのは、捨てるストレスを感じたくないからにほかならず。
雑誌を引き取っていただける古書店が見つかって、よかったです。


8月10日の成果

処分できたのは、『天然生活』のバックナンバー25冊と似たようなライフスタイル系のムック・書籍、計60冊

捨て個数ノルマ残1790個+100個(10×10日分!)-処分60冊=残1860個

ああ、またまた赤字拡大!
しかし、さすがにそこそこの冊数の雑誌がなくなると、収納スペースがかなりすっきり!
これは、今月中に、もう一回雑誌処分の日を設けたく思います。(←ややモチベーションが戻った・笑)
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment