Welcome to my blog

ローコスト&リッチライフ日記

ローコストなのに良質で豊かな生活。私流ミニマリストライフへ至る記録です。オトクなポイントサイト情報も満載

 私の「やる気スイッチ」を押す一冊の本。片付け再開!blogもご無沙汰です!

2016年の後半は片付けのことばかり考えていて、このブログも「捨て日記」しか書いた覚えがないくらい。 

 で、その年末、処分したものを振り返ったら...。

 「あらっ!ずいぶん捨てたし、もういいかっ😊」という気分に。⇒その成果もどきをまとめました。 

そのまま年が明けて、ついにはこのブログも長期休止状態になる。

 さて、ところがである。

ぼくたちにもうモノは必要ない20170823 


発行は2015年6月なので、若干古めの本ながら、なぜか最寄りの本屋に平積み。
 そのまま手に取り、ページを開けば...。

 冒頭カラーぺージに並ぶ、モノがない部屋。
 振り返れば表紙だってその一枚なのだが、最初は、モデルルームを借りてのイメージ写真かと思ったよ。
 そのまま、数ページ読み進め。 

ああ、もう買ってしまおうっ!
(ずいぶん本を捨てたのに、その端から私ったら....)

近場のカフェで一気呵成に読み進め。 

この生活に憧れましたっ!


言ってみれば、江戸時代の...必要なモノしかない生活。
それが時空を超えて、現代の便利さを背景に蘇ったというか。

そうだよね、私たちの家の中にまでやみくもに便利なモノを置いとかなくてもよいのかも?
逆に言えば、この何もないのに成り立つライフスタイルは、現代の都会に住むからこそ成立するともいえる。

 これだっ!と思いましたね。
今、これを享受せずしてどうするね...とも。

さらに逆説的でもありますが、このぐらい身軽にしておかなければ、地震雷・家事・ミサイル...みたいなリスキーな昨今の暮らし。
フットワークかるく乗り越えられないかもしれない。
 ...とも思う。

よくよく読み解けば、この著者の過去は、私よりずっとすごい荷物持ち
 

私にできないわけがない...とも、思ったね。

 さあ、今日からまたモノの処分の日々に突入しよう!
 今度は、とことん!!

 ...ってことで、遅ればせながら、本屋の書棚に、コーナーができるほどの片付け・処分・断捨離etcの本ブーム。
 この種の本が売れている理由がちょっとわかった。
 
ノウハウを知るというのもあるだろけれど、みな読んで、かたずけやる気のスイッチを押してもらいたいんじゃないか?...と。 
違う?

ってことで、わたしのやる気スイッチも押され、遅ればせながら、ブログ再開。
またもしばし、捨て日記メインですが、よろしくどうぞ。
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment